春の訪れ

わたしのなかの
知らず知らずに蓄積していた余計なちからも、
こわばっていた何かも、、

やっと時が来たね、というように、、

涙とともにどこかへ帰って行った。


悔しい氣持ちも、

悲しい氣持ちも、

切ない氣持ちも、、

ごめんなさい、の想いも、、、


ぜんぶ、

“優しさ”という源へと、帰っていくんだね。



出口のない苦労なんては、どこにもない。


きっと、

冬のあとに、春が必ず来るように、、

春は、、ただ来るんじゃない。



冬が、春の“手”をひいて来てくれるの。

優しく力強く

「こっちだよ、もういいよ」って。


だから、春は、堂々と咲き誇れる。


自然も、人も、、順番を守って咲いていく。

だから、夜のあとに、朝が来るし、

春のあとには、夏が来る。



だから、、

やっぱり、
 夜は、眠る時間なのかも。


優しい優しい夜を、、、

あたたかいあたたかい、春をお過ごしください。


 

ありがとう。。

ここから、心から。

0コメント

  • 1000 / 1000

心の花びらき ♪

〜 魂のスイッチON 〜