おてんとさま と おひさま

幼い頃から、つい最近まで、

「おてんとさま」と「おひさま」と「たいよう」は、
呼び名が違うだけだと思っていたのです。


お天道様

お日様

太陽


どれも、同じものをさすと思っていたのです。


でも、そうではないと、知りました。



あなたは、ご存知でしたか?

「おてんとさま」。

そして、「おひさま」&「たいよう」

大きく分けたら、2つ。


おてんとさまって、

=おひさまのこと では、ないのでした。



では、

おてんとさま(お天道様)とは、なんぞや?と。


それは、
日常のなかで

太陽が朝やってきて、
夕陽に変わって沈むこと であり、 

大地を濡らす雨水のこと でもあり、

春に花が咲き乱れることでもあり、

冬に木枯らしが吹くことでもあり、 

畑に霜が降りることでもあり、
雪が積もる、ということでもあり、

この風が、やさしい、、、

ということでもある。

そう。

おてんとさまは、
この世界の自然を動かす “大いなる力” のこと。

天の道、と書くのは、
天体の軌道、宇宙のことをさすのかな。。

昔のひとたちは、

陽が昇っては、お天道様に感謝をし、
雨が降っては、お天道様に感謝をし、

食事をするときも、
心をこめて「いただきます」や「ごちそうさま」を、忘れなかった。

それは、全てが
お天道様(大いなる自然のちから)の惠みのお蔭様だと、
からだが、心が、知っていたから。

たくさんのいのちのおかげで、
自然の仕組みのなかで
わたしたちが生かされていることを
日常のなかで、何度も何度も感じていたから。



わたしたちは、皆ひとり。

決して誰とも一緒ではない。

 だけど、

わたしたちには、皆ひとりひとり、

大いなる自然に包まれて、
脈々と受け継がれた命の神秘が宿り、
たくさんのひとに支えられ、

ご先祖様の生きてきた証が込められている‥


こんなに こんなに、
こんなにも。

奇跡の溢れた いのち。


なぜか その命さえ、
小さく軽く思えてしまうことがあったとしたら、

自分の心を やすませて、
夕陽を見たり、
流れる雲を見たり、してみよう。


きっときっと、
お天道様が微笑んで、
優しくあなたを包むでしょう。

もしかしたら、
お天道様が 泣いているあなたの頬を
そっとそっと拭ってくれるかも、しれません。

やさしい やさしい そよ風になって。


  ね。(*^-^*)



「出産を振り返って ②」
を書きたいけど、なかなか書けずにいます。
忘れないうちに書こう(笑)



やりたいことの10分の1も出来たかわからない日々。
子育て始まったばかりの新米お母さん(わたし)は、
昨夜も泣きました。(笑)

夜中がやってくるのが、憂鬱です(笑)



とにかく、寝たい(._.)


優先順位の第1位(赤ちゃん)以外の、
ご飯を食べる、トイレに行く、寝る、の
その他は
どれも同じくらいの優先順位を争っていて、
シャワー浴びることは、たいていはどうでもよくなる(笑)
顔も洗わない日々、、あぁ。。(笑)

子育てしながら美容に氣をつけてる女性って、めっちゃすごい。。。

あ、わたしってば、
赤ちゃん産まれる前から、
鏡を見るのさえ忘れちゃうタイプだった。。( ゚д゚)

生活の基礎が問われますね(笑)
女としての意識?、、、なのか。?



あ、でもわたしの優先順位の2位に君臨している「ご飯を食べる」は、素晴らしいキープ力です!

母乳って、質があるそうです。

だって白い血液だもんね!!
乳(ちち)は、血(ち)よりも濃いそうです。

だから、赤ちゃんのためにも、
自分自身のためにも、
良質な母乳をつくるために
できるだけ自然な、
美味しい手づくりの食べ物をいただいています。
(シャワー浴びずとも、煮物は作る!!笑)

ちなみに、穀物菜食がオススメです。
娘を寝かしつけながら読んだ本に、書いてありました♪

参考:「食生活が子どもの人生を変える」
    東城百合子 著

  :「若杉ばあちゃんの一汁一菜子育て法」
    若杉友子 著





今日の夜は、寝てくれるといいな〜。。


お天道様、、よろしくお願いします(笑)

0コメント

  • 1000 / 1000

心の花びらき ♪

〜 魂のスイッチON 〜